スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
茶道教室の費用
先ほど、着付け教室から帰ってきました。
とほほ~本当に私って着付けのセンスがないのかしら。
いつも何故か私だけ褒められません。
練習不足もあるけど、明らかにセンスがないのも
あるんだろう。次のお稽古はなんと一ヵ月後!
こんなに間が合いてしまうと忘れてしまうよ~。
家で練習したとしても自己流になってしまいそうだよ~。
センスのない私が余計にセンスがなくなってしまいそうだよ。

着付け教室の帰りたまたま一緒に帰った女性の方が
茶道家でして、彼女はもう6年間も茶道をしているとのこと。
興味津々の私は色々聞いてみるが、やっぱりかなりお金が
かかりそう。
まず良い先生についたとして一ヶ月4回で1万円の月謝。
それにお歳暮お中元やお茶会などでお金がボンボン飛んで
いってしまうらしい。
「やっぱり世の中金かあ」と思ってしまうところです。
私の場合、日本語教師としてある程度の知識がほしいだけなので
やっぱり師範などの資格は取る必要がないようである。
数ヶ月間限定の短期講座のようなものから始めるのが良さそうである。
まあ、和のセンスに欠けていると思う私なのできっと茶道も
あまり上手くいかないような気がする。
どちらかというと体をバリバリ動かす体育会系なんで。

日本文化を習うといっても、お金と時間が必要だなと改めて思った。
今は筆ペンもやってるし、茶道はちょっとお預けだな。
着付けが終わった段階でちょっと短期講座でも探してみるとするかっ!
スポンサーサイト
【2007/04/16 22:15】 | 今の私 | コメント(0) | page top↑
<<JICA説明会 | ホーム | 漢字の書き順>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。