スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
教師はエンターテイナー!
今日の朝日新聞に「教師はエンターテイナーでなければならない」
という関西大学の教授になられる方のメッセージが載ってありました。

まさに「同感です!」大学の教授に同感とは失礼かもしれませんが、
私もつくづくそう思っていました。

教師を始めてまだ1年足らずの私ですが、最初はどう指導したら
良いのか迷うばかり。先輩方の意見を元に色々試してみたものの
上手くいくこともそんなになかった。

1ヶ月前のお正月休みに考えた。
「どうして子ども達が勉強することを嫌がるのか・・・。」
そして「どうしてこんなに落ち着きがなく、ゴソゴソして
言うことを聞かないのか。」

私はそれまでは「静かにしなさい。」など、子どもを
集中させようと言葉だけの指導法でやっていた。
しかし、ある時にクラスで書道をした。
ほとんどの子が書道を体験するのは初めてで皆静かに
集中して私の話を聞き、手本を見ていた。もちろん友達が
やる時もじ~っと真剣な眼差しで見ていた。
その時である!私は気づいた!!
面白く、子ども達が興味を示すような授業をすれば、
子ども達は常に私の方を向いていてくれるってことに。

それ以降はクラスにこれまで以上の工夫を凝らした。
手作りのゲーム用品も増えた。
プリント学習の時に、「よくできました」と○をつける
だけでなく、可愛い子どもが好きなキャラクターのハンコを
押してあげるようにした。
歌を歌う時も、歌詞カードに子どもが大好きなポケモンなどの
絵をつけるようにした。

こうしたちょっとした工夫で子ども達は喜び、興味を示すように
なってくれた。

先日の日記にも書いたが、今日この新聞の記事を読み
改めて、教師は子ども達のエンターンテイナーでなければ
ならないと思った。
スポンサーサイト
【2007/02/22 19:25】 | 目標 | コメント(0) | page top↑
<<座右の銘 | ホーム | 日々心がけている事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。