スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今年度最後の授業
今日は今年度最後の授業がありました。

この授業は土曜日のクラスで小学生以上の子達
が英語の勉強をしにやってきます。
私は土曜日だけ外国人先生の補助の先生のような感じ
で働いています。

思い返せばこのクラスで色々な経験をしました。

まず初めての授業ではとても緊張した。
クラフトをメインでやることが多いのですが、
私の英語での説明を理解してくれるか、
クラフトの内容はこれでいいか、
子ども達の反応はどうなのか、など。

保護者から「こういうことやってほしい!」や
「こういう風にしてもらいたい!」など
様々な要望があり、悩み、友達先生に相談したり・・・。

でも今日色々要望をいっていた保護者の子どもから
手紙をもらいました。保護者自身が書いているもの
もありました。
内容は、「お世話になりました。本当にありがとうとざいました。」
という感じのもの。
この瞬間に一年間このクラスを受け持ってきて良かったって
思いました。頑張ってきた甲斐があった。それを保護者も
認めてくれたんだなって。
まだまだ未熟な私だけど、一生懸命やることが何より
大切なことなんだなって思いました。

もうこの生徒達ともお別れ。
全く会えない訳じゃないけど、今まで以上に会う時間は
少なくなるのは確かだ。

でも正直ホッとした部分もある。
とにかく教育ママが多かったこのクラス。
それに答えようとは努力したものの、これからずっと
このクラスを受け持っていくのは荷が重過ぎる。。。
自分にもし子どもがいたら、すごく真剣にその子のことに
ついて考えることは当たり前のことだが、それにしても
過度な教育ママが多かったように思う。

このクラスを一年間持ち続けた自分を褒めてあげたいと思う。
とても良い経験になった。子ども達やその保護者に感謝したい。

この4月からは新たなパートナーと幼児クラスをもちます。

今年度は南アフリカ人だったけど、この4月からはケニア人。
どうやら私って、仕事上アフリカ大陸の人と縁があるっぽいです。
周囲の人はほとんどアメリカ人やオーストラリア人なので。

よ~し、数週間の春休みに突入します。
この期間にゆっくり休んで、自分を磨くために読書など
沢山したいと思います。
スポンサーサイト
【2007/03/24 19:41】 | 仕事関係 | コメント(0) | page top↑
<<試験の結果 | ホーム | 多言語国家のデメリット>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。