スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「私が先生になった時」by宮沢賢治
通信大学時代の教材の整理をしていて、たまたま目に止まった
言葉。

宮沢賢治の文章です。
宮沢賢治が考える先生のあるべき姿勢が分かります。

因みに宮沢賢治は盛岡高等農林学校を卒業し、
郷里の農学校の教師を務める。
後に農業技士農業指導者として東北地方の農民のために働き、
38歳の若さで亡くなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「私が先生になった時」  宮沢賢治

私が先生になったとき
自分が真理から目をそむけて
本当のことが語れるか

私が先生になったとき
自分が未来から目をそむけて
子どもたちに明日のことが語れるか

私が先生になったとき
自分が理想を持たないで
子どもたちにどうして夢が語れるか

私が先生になったとき
自分に誇りを持たないで
子どもたちに胸をはれと言えるか

私が先生になったとき
自分がスクラムの外にいて
子どもたちに仲良くしろと言えるか

私が先生になったとき
自分の闘いから目をそむけて
どうして子どもたちに勇気を持てと言えるか

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ

にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

にほんブログ村 資格ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
【2007/10/15 09:55】 | 好きな言葉 | コメント(0) | page top↑
<<着物の問題集 | ホーム | アミノコラーゲン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。