スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
郷に入れば郷に従え!
退職を決意したある国の英語話者の先生が
日本人の先生に言い放った言葉。

「はっきり言うけど、日本なんかで私たち外国人は
 いくらでも仕事なんて見つかるんだから!」

これは日本を馬鹿にしているんでしょうか。
ちょっとカチーンと頭にきました。
直接私はその言葉を言っている現場に居たわけではなく、
間接的に聞いただけなんですが、ちょっと気分を害され
ましたね。

確かに英語を第一言語としているだけで日本では働きやすいん
だろう。
英語を勉強したい子供たちや大人は沢山いる。
それと共に英語の先生の需要もある。

それを知っているからそういう言葉を日本人に向かって
言ったんだと思うけど、ちょっと人間として「どうよ?」
と思った。

しかも何故か転職先の英会話教室の書類が現在の職場宛に
送られてくる。

「これって当てつけ???」
と思われても仕方ない。

もしかしたら本人は何も思っていないのかもしれないけど、
やはり「郷に入れば郷に従え!」
もう少し日本のマナー・日本人の礼儀を知ってほしい。


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

にほんブログ村 資格ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
【2007/10/04 18:23】 | 仕事関係 | コメント(2) | page top↑
<<正社員なりたいアピール | ホーム | 正社員の得点>>
コメント
確かに頭にくる言葉かもしれませんが、こういう状況を作っているのも実は私達日本人なのかもしれません。同じ英語教師でも日本人と英語を第一ヶ国語とする二人がいれば当然後者が選ばれるでしょう。どうしてでしょう・・・。親や子が求める、あるいは学校が求めるものが同じ国の人間ではないというところに今回のような外国人先生が作り上げられてしまうのかもしれませんね。

こういう手の話題は海外にいるともっと露骨に言われることがあります。幸いなのはその露骨に言われいているニュアンスは分かっていてもはっきり理解できていない人も多くいるということ。良いのか悪いのか考えてしまいます。

私も郷にいれば郷に従えという考えで人生生きてきましたが、よく観察すれば海外にいる日本人も郷に入れず自分達の輪の中だけにとどまり、自国から送られる食材や物資に頼り、現地でのものや生活状況にけちをつける人もいます。こういう部分ではお互いさまかもしれませんね。”日本人は日本人で固まっていないと不安なんだね。”とシンガポーリアンに言われました。おまけに”だから英語が上達しないし、世界中の人とのコミュニケーションが下手なんだ”とも言われました。ある意味納得です。
【2007/10/04 23:39】 URL | しんがライフ #A0GULK96[ 編集] | page top↑
やはり未だに日本では外国人が珍しい
と思われています。私自身も外国人が
いたら何故か見てしまいますし、
「何語を話してるんだろう?」って思わず
聞いてしまいます。
外国人を特別扱いしている日本人にも
問題はあるのかもしれませんね。
多民族国家でない限りやっぱりそういう
問題は起きてしまうのかもしれません。

でも外国人同士が働くって難しいこと
なんだなって改めて思いました。
日本人同士でも様々な問題があるのに
考え方も文化も違う外国人とずっと一緒
にいて仕事をするのは特に現在の日本&日本人には
大変なのかもしれません。

どうか民族など関係なく働けたらいいなって
思いますが、そういう日が来るのは今の日本に
おいて通い(?)ように思います。。。

なので、まずは自分自身から始めてみようと思います!
【2007/10/05 21:39】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。