スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
反省点
きのうの日本語の授業(外国人向け)は、今でも余韻が
残るくらい楽しかった。本当に楽しく、皆の笑顔も見れて
うれしかった。そしてクラス全員が発言していたと思う。
特に日本の風習について説明をしている時は、「へ~」と
驚く学習者が多かった。実際日本で今後も生活していく
予定の学習者にとっては、必要不可欠なものだからで
あるからだと思う。

でも・・・・・
私が未習語彙を連発してしまったので、
「???」「それは何ですか?」という
状況に何度か陥った。
そのたびに私は「あ~また言ってしまった・・・。」
と思い、その語彙について説明をする。
説明せずに「また今度勉強します。」で片付けて
しまいたいとは思うのですが、「しかし、その言葉よく
聞くので教えてください。」と学習者に言われるので
説明する。説明したら早くても2分はかかるので、
昨日は時間が全然足りなかった。
特に今の学習者は初級の人たちばかりなので、
未習語彙が沢山ある。既習語彙は本当にわずかなものだけである。

「おそうしき」を説明するのにも時間がかかり、
それ以上にお葬式会場に持っていくお金は、古びたもの
でなければいけないという説明にかなり労力を使った。
あと、結婚式は新しいお金を持って行かないといけなく、
2万円や4万円など割り切れる数字のお金は縁起が悪い
という説明にももう一苦労。
皆、興味津々の模様で聞いていてくれただけに説明にも
熱が入る。今まで使った言葉を使うように気をつけて
いたのですが、ついつい未習語彙が出てしまう。。。

次のステップへ進むための私の目標は、
①「98パーセント位は、既習語彙のみで授業をすること」
  ※2パーセントは、使ってしまっても許される範囲かな?!
   その都度その言葉について説明します。
②「説明をより砕いた形のものにすること」
スポンサーサイト
【2007/03/07 08:17】 | 日本語教師ボランティア&420時間 | コメント(0) | page top↑
<<経験の価値 | ホーム | 前世の私>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。