スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
卒業論文の最終結果
先週、卒業論文の口頭試問が終わり、本日口頭試問を含む
卒論全体の結果が郵送にて届きました。

結果は、

 「合格」でした!

この結果を見てホッとしました。

思い返せばこの卒論の作成を手がけ始めたのはもう
2年近く前になる。
最初は何を書こうか、卒論って一体何なのか、など
初歩的なことから入りました。
題材もいくつかあったので絞るのに大変でした。
近いとは言えない図書館に足を運び調べました。
一度出しては書き直しということで教授から返送されてきました。
教授のメモの通り、ある本を調べまくりましたが、
 それは自分が書きたいものではないと方向を元に戻したりもしました。

通信はやはり自宅でほとんど作成するし面接の回数も
そこまで多く取れなかったため偏った書き方になりがちです。
この偏ったというのはどういうことかというと、
Aという本を参考にして書きます。
でもそのAという本の表現方法が正しいかどうかは分かりません。
その表現方法が正しいかどうかをBやCの本を使って確認するという
作業が発生します。
まあ、通学課程も同じことが言えるのでしょうが、教授との
接点が少ない通信課程は偏った表現方法のまま提出してしまうということが
よりありがちなのです。

こういう中でやはり教授に直接相談できる機会は貴重なものでした。
自分と教授の日程さえあえば何度でも相談することは出来ます。
そこで得るヒントや知識は貴重なものでした。

この在学中2年半の内、2年間卒論に打ち込んだのですが、
今の感想はというと「手探り状態の中で、よく完成できたなあ。」
と我ながら関心しています(笑)

そして自分で一冊の本のようなものを作り上げたんだと思うと
満足感で一杯です。

そして最終的には合格することが出来ました!

もう自分の人生二度と論文を書くことはないかもしれないって
思うとこの論文を大切に保管しておこうと思います。

あとは、夏に受けたスクーリングの結果待ちのみです。
これも合格してくれることを祈っています!
スポンサーサイト
【2007/09/10 13:13】 | 卒論 | コメント(0) | page top↑
<<買っちゃいました! | ホーム | 通信大学学費比較表>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。