スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
卒業論文口頭試問無事終わりました!
今日無事論文の口頭試問が終わりました。
この論文口頭試問は論文の清書を提出し、
最後の確認ということで教授と1対1の形式で、
自分の書いた論文について、あれやこれやと
質問されます。

事前準備として、私はとりあえず自分の論文について
読み込みました。ただそれだけです。そしてそれだけで
十分だと思います。論文についてのみ質問されるので。

質問と言っても専門的な質問を含め、どういう意図で
この文章を書いたのかなどなど聞かれました。
最初は厳しい口調で色々質問され焦りましたが、
後半はとても優しい目で色々とアドバイスをくれました。
将来日本語教師になるには、こんな勉強をした方が良いとか
こういうセミナーに行った方が良いとか、なかなか自分自身では
得られない情報を教えてくださいました。

この面接の評価はどうだったか分かりませんが、
今回の口頭試問で痛いほど分かったことは、

日本語教師になるにはもっともっと
専門的に勉強しなければいけないということ。

ましてや大学で教えようと思った場合、
もっともっともっと勉強する必要があるということ。

今月大学を卒業すると私も晴れて有資格者となります。
日本語教師の資格はあっても、教えるにはまだまだ勉強不足です。

大学の勉強だけでは日本語教師として知識不足であるということ。

これが分かっただけでもこの担当教授に感謝しています。

当分今の仕事を続けることになるとは思いますが、
大学を卒業しても日本語教育の勉強をもちろん続け、
セミナーなどにも足を運んでいこうと思います。

まずは来年受ける予定の日本語教育検定!がんばるぞ!!

そして論文口頭試問の後に偶然クラスが一緒だった方と会いました。
彼女は論文の研究書を作成中で来年の秋に卒業予定。
自分の母親と同じ位の年齢であると思いますが、とてもシャキシャキ
していてパワーを感じます。ずっと教員をやっていて今は
趣味(?)のような感じで勉強している様でした。

年齢差を感じることもなく、ランチを食べながら、
卒論の書き方や教授について話し合いました。

こうやって様々な年代の人と会えるのも通信大学の醍醐味かなと
思います。
スポンサーサイト
【2007/09/01 17:23】 | 卒論 | コメント(0) | page top↑
<<結果発表の九月 | ホーム | 卒業論文口頭試問2日前>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。