スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
限界は自分で作るものでない!
昨夜から放送されている24時間テレビ!
この放送を見て勇気付けられることが多々ありました。

右手の無い人が剣道をやったり、
目が見えない人がピアノを弾いたり、
胸から下が不自由な人がバスケットをやったり、
など、彼らにとって障害はマイナスではなく、
彼らだからこそ乗り越えられる試練なのである。
そして見事に乗り越えられていた。

この放送を見て、限界を自分で作って
しまったらそこまでの人間にしかならないんだな~と
感じました。

例えば片手しかなく、片手で出来ることだけをやって、
「私は片手だからここまでしかやらなくて良いんだ!」と
いう志の人と、
「私は片手しかない。でも片手でも両手の人と同じ様に
 出来るからこそ神様は私に片手しか与えなかったんだ!」
という志の人では、大きな差が出来てしまいますもんね。

私も以前の職場で極度のストレスで続発性緑内障という病気に
なってしまい、ずっと左目が白くかすんだ状態です。
まあ、元々左目が弱かったというのもあるんですが、これをよく
マイナスに捉えていました。ついつい目が見えにくくてイラっとして
集中力を切らしたり、弱音を吐いたり・・・。

でも今回のこのテレビで反省いたしました。
「こんなことで弱音を吐いててどうする!
  そういう自分も含め、全てが自分!
   頑張らないと損損!!」と。

今回の24時間テレビを見て改めて気づいた事は、

「人から見たマイナスは、自分にとってプラスであるということ」

「障害は、その人にしか乗り越えられらない試練であるということ」

何より
 「限界は自分で作るものではない!」
        ということが分かりました。
スポンサーサイト
【2007/08/19 09:50】 | 好きな言葉 | コメント(2) | page top↑
<<二学期スタート&年少クラスの目標 | ホーム | 卒業式までに>>
コメント
本当にそうですね!
11月に結婚する相手が、脳性麻痺サッカーのコーチをしています。
ビデオや、TVに映る選手たちを見ていると、本当に一般の趣味でサッカーをやっている人たちと変わりません。シュートだってすごいんです。
来週、脳性麻痺サッカー日本代表チームとの試合があります。
私も通訳として(?)その試合を含んだ3日間に参加します。
彼らから、色んなことを学んで帰ってきたいですね。
【2007/08/21 12:17】 URL | りえ #-[ 編集] | page top↑
>りえさんへ
婚約者さんは脳性麻痺サッカーのコーチをされているんですね。
やはりサッカーにおいても元気な人がやるサッカーと何ら変わりは
ないですよね。私たちから見たら「大丈夫かな?」と思ってしまいますが、きっと彼らは高い高い志を持ってサッカーに取組んでいるんでしょうね。見習わなければいけないなっと思いました。
りえさんも通訳として参加されるんですね。
素晴らしいですね!三日間、大変でしょうが頑張ってきてくださいね♪
【2007/08/22 08:24】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。