スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大学院選び

この月曜と火曜は卒業論文に没頭した。
論文の内容は言語学で、主に日本語の言い回しに
ついて書いている。

詳細の内容についてはもうちょっと研究してからに
しようと思う。

論文を書けば書くほど、知識の大切さを知る。
まあ、論文を書かなくても本とか読んで日々勉強
すればいいじゃんって思われるかもしれないが、
私の場合、やらなければいけない状態にされないと
なかなか出来ない。
例えば、漢字が最近書けないから書けるようにしたいって
思ったら家で勉強するだけでなく、漢字検定の受検の
申し込みをしてから、勉強を始めるとかね。
何か目的というか、そういう状態に放り込まれないと
できない人間なのである。

そういうこともあり、私は大学院への進学も考えている。
これはより現在の言語学について研究したいという思いと、
実際大学(特に国内)で日本語教師をするにはあれば有利
な資格だからである。

で、そんな私に更なる迷いが・・・。
通信制の大学院に進むか、それとも社会人向けの夜のみ
開講しているような大学院に行くかである。
前者は比較的学費も安く、学校に行く回数も少なく自宅で
マイペースに勉強できる。
平日は仕事して、休日に家でゆっくり勉強する
といった感じになるだろう。

そして後者の通学生の社会人向け大学院は、
平日仕事の後に学校へ行き、授業を受ける。
こちらの方がテキスト履修のみの通信制に比べ大分
モチベーションも高くもて、教授もいるため
内容の理解にそこまで苦しむこともないだろう。
まあ、通学生にしても休日は家で勉強することになりそうだが。
それに加え大学が自宅から30分以内でいけるというメリットもある。

学費の面で年間50万円以上違ってくる。
もちろん通学生の方が高い。でも通信制は必ず2年で卒業できるとは
限らない。通学生もそうかもしれないが、リスクが大きいのは
通信制である。まあ、恐らく4年かかって通信制の大学院を卒業
しても2年の通学生の大学院と同じくらいの学費になると思うが。

このような悩みが最近ある。

まだ決断は出来ていないが、とりあえず両方行けるように
準備はしておこうと思う。
スポンサーサイト
【2007/02/28 09:54】 | 大学院選び | コメント(2) | page top↑
<<今笑っていられるのは | ホーム | 教師の中身>>
コメント
通学をお勧めします。
私のブログに来ていただき有難うございます。私も何と53歳で大学院へ進学しました。通信も考えたのですが、結局夜間専門で卒業しました。一応国立大学なので、結構授業料は安いと思います。それでも100万以上かかりました。でも教授の話を聞き、昼間の学生と話したことが財産になりました。修士論文は大変ですよ。死に物狂いで書きました。
【2007/03/05 19:18】 URL | キツネドン #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます。
>キツネドンさん
やはり通学生の方が何かとメリットは
多そうですね。学費の面だけが問題です
が・・・。国公立でも100万円以上も
するんですね。ん~もうちょっとお金を
貯めてからにした方がいいのでしょうか。
でもちょっと通学生に揺れ気味です。
とりあえずもっと情報収集しようと
思います。
どうもありがとうございました、。
【2007/03/05 23:27】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。