スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
無料着付け教室修了!
今日やっと着付け教室が終了しました。

2月25日から始まり、7月1日で終わるという
全14回の無料着付け教室でした。

今現時点での正直な感想
「しんどかった。。。」の一言です。

何がしんどかったのかというと、
①先生のキツイ一言!
②この着付け教室経由で着物を買った子を先生がひいきする。
③着物を持ち運ぶため重かった
④準備に時間がかかった
などなど
最後の最後まで先生にキツイ一言を言われ、正直しんどかったです。。。
まあ、先生が古い人であるし、今の習い事と昔の習い事では
やっぱり先生の態度も立場も大分違っていますよね。
今は今で良いこともあれば、昔の方が良かったこともあります。

もちろん今回の着付け教室全てがしんどかった訳ではなく、
良かったこともあります。
①着物という日本の伝統衣装に関する知識を得ることが出来た。
②先生は厳しかったが、厳しかったからこそ頑張れた自分がいる。
③着物仲間が出来た。
④着物を着ろうと試みる自分がいる。

今回着付けを学ぶと共に、先生についても学ぶことが出来た。
自分が先生であるからこそ様々な種の先生を見ていきたいと思う。
厳しい先生も私は好きである。
厳しくないと甘えやルールを守らない生徒も出てくるからである。
しかし、やっぱり最後の最後は全ての生徒に「楽しかった」と
思ってもらえるようにはしたいと思う。

だって、最後が「しんどかった~」や「辛かった~」では
次につながらない可能性がありますからね。

私は日本語教師として日本人以外の人にも日本語を通して
日本の魅力を感じてもらえるような活動をしたいと思っている。
「日本語が楽しい!」や「日本についてもっと勉強したい!」って
思ってもらわないと、次の段階にステップアップできませんからね。

着付けの先生も着付けを通し、着物を着ることの魅力を
生徒に伝えなければいけない。

そういう点で今回の先生は8割はとても魅力的だが、
後の2割は私にとっては魅力的でなかったと思う。

生徒によっても先生への感想は様々であると思う。
まだ私は良い方の評価だと思う。
もっと悪い人はきっと無料教室だけに最後まで
通っていないと思います。

そんなこんなで、色々ありましたが、無料教室を無事修了し、
修了証を近いうちに手に入れることが出来そうです。

しんどかったですが、自分が得たものは大きいと思う。

これをプラスにし、前に進んでいきたいと思う。
※来週から始まるランクアップ教室は日程の都合により
受講することが出来ませんでした。。。これまた残念なことです。
やっぱりその教室経由で着物を買った人が優先されているのでしょうか。。。

<着物についての今後の目標>
着物文化検定を受けて、着物から自分が離れないようにすること!

今後もたま~に着物ネタでブログを書いていこうと思います。
スポンサーサイト
【2007/07/01 18:01】 | 着物 | コメント(2) | page top↑
<<試験勉強開始! | ホーム | 絵本の紹介>>
コメント
おめでとうございます
またひとつ、前進されたようですね。おめでとうございます。

厳しい先生につけるということは、今の時代もしかしたらラッキーなのかもしれませんね。なんでも生徒の顔色を伺っている指導者より生徒にとって大事なことを熱心に厳しく指導してくれる先生のほうが素敵ですが、ひいきはどの時代でも、どのような教育形態でも×ですね。先生の資質が問われます。でも、そんな中で最後までやりとげられたオーキッドさんに乾杯!! 

今度は次の目標(あと12日ですか?)に向かって御健闘を祈ります。
【2007/07/02 13:45】 URL | しんがライフ #mjCtX2uQ[ 編集] | page top↑
>しんがライフさん
どうもありがとうございます。
しんがさんの言う通り、今の時代なかなか会えない厳しい先生に
出会えてラッキーだったのかもしれません。
私自身も教師には時には厳しさも必要だと如実に感じました。
なんとか着付け教室も終わり、ほっとしました。
次のステップのクラスに参加できなかったのは残念ですが、
これをいいチャンスとし、ここでひと区切りしようと思います。
あとは、通信大の次の試験に向けてもあと少し頑張らねばっ!
応援メッセージどうもありがとうございます。
【2007/07/04 20:31】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。